フィラリア症にご注意

cats

犬や猫を買っている家庭にフィラリア予防について、といった動物病院からの広告や案内が届きます。フィラリアは犬や猫にかかる寄生虫であり、蚊が原因です。外来語の様な名称で日本に馴染みのなかったと思われがちてすが、昔から日本にもあった症状です。糸状虫等と呼ばれてきました。平安時代の絵にも糸状虫と思われるものが描かれており、昔から存在してきたと考えられています。第二次世界大戦後には衛生環境の悪化で、回虫感染者はこくみんの70%以上と言われ、国民病とも呼ばれていました。国民の健康を危惧し、国の事業としてフィラリア対策も講じられる程でした。人への感染は1970年代になくなりましたが、犬や猫にも感染ある事から、駆除薬として日本の獣医が処方する形になりました。その後、成分同一であるジェネリックのストロングハート等が開発され、広く活用される様になりました。現在では錠剤タイプでは吐き出してしまう事が多いので、ジャーキーの様なタイプも販売され、身近な商品となっています。

ストロングハートは錠剤タイプとチュアブルタイプという、ジャーキーの様なタイプがあります。食いつきがよく、飲ませる必要がないのでお手軽に予防ができます。ストロングハートは日本の獣医が処方する薬のジェネリック品であり、価格は5分の1程で購入できます。6個入りが殆どで、体重別に薬の量があります。小型犬で2800円程からで、大型犬では4,000円程です。個人輸入代行を利用してストロングハートは得られますが、配送料金は発送地域や代行依頼した会社により、大きくはないですが違いがあります。大きく価格に関わってくるのは、景気やレートです。1$が日本円でいくらかや、燃料代はいくらかで価格は変わってきます。個人輸入代行を活用する際、価格の変動にも注意が必要です。